研究業績

2020年度

学会発表

  1. Iori Sasaki, Masatoshi Arikawa and Akinori Takahashi, Articulated Trajectory Mapping Using Mobile Environments for Location-Based Learning, The 11th International Conference on Advances in Information Technology (IAIT2020), 1st to 3rd July 2020. (All IAIT2020 proceedings will be published by the ACM ICPS Series and archived in the ACM Digital Library.)

2019年度

学会発表

  1. 伊東慎平,三浦 健,梅川孔平,髙橋秋典,有川正俊:高精度インドア・ポジショニングを利用した博物館を対象にしたARナビゲーションの構築,情報処理学会第82回全国大会,7ZG-08(オンライン発表,2020年3月)全国大会学生奨励賞受賞
  2. 鴇田星斗,藤田隆宏,有川正敏,髙橋秋典:GPS軌跡情報のヒートマップから算出するバーチャル・ジオフェンスの領域推定とその評価,情報処理学会第82回全国大会,6X-03(オンライン発表,2020年3月)
  3. 川瀬親,髙橋秋典,有川正俊:ヘッド・トラッキング画像を用いた展示物に対する関心度評価法,情報処理学会第82回全国大会,5ZD-01(オンライン発表,2020年3月)全国大会学生奨励賞受賞
  4. 佐藤蓮,髙橋秋典,有川正俊:スクリーン型視線追跡デバイスを活用した紙媒体パンフレットの注視領域調査システム,情報処理学会第82回全国大会,5ZD-02(オンライン発表,2020年3月)
  5. 佐々木一織,有川正俊,高橋秋典:ユーザによる見返しに配慮した軌跡ログ表示の地理的な要約手法の検討,情報処理学会第82回全国大会,4ZH-03(オンライン発表,2020年3月)全国大会学生奨励賞受賞
  6. A. Takahashi*, S. Kawase, M. Arikawa, Visualization of tourists’ gaze areas using processing top and front spatial images, 5th World Research Summit for Hospitality and Tourism, O6.01 (Orlando, USA, Dec. 2019)
  7. 鴇田星斗,有川正俊,司若辰,髙橋秋典:バーチャル・ジオフェンスを利用した拡張型位置情報サービスの提案と実装,2019年度電気関係学会東北支部連合大会,1J01(秋田,2019年8月)
  8. 伊東慎平,有川正俊,髙橋秋典:フロア間移動を考慮したインドア・ナビゲーションの実装,2019年度電気関係学会東北支部連合大会,1J02(秋田,2019年8月)
  9. 有川正俊,佐々木一織,Lu Min, Si Ruochen , 髙橋秋典:縮尺とモバイル利用環境を考慮した階層型ジオレファレンスの提案,2019年度電気関係学会東北支部連合大会,1J07(秋田,2019年8月)
  10. 有川正俊,斉藤真純,Lu Min, Si Ruochen , 髙橋秋典地域観光促進のためのオプトイン型位置情報共有サービスの提案,2019年度電気関係学会東北支部連合大会,2G06(秋田,2019年8月)
  11. 髙橋秋典,川瀬親,有川正俊:視線情報に基づく観光資源注視領域可視化の予備実験,2019年度電気関係学会東北支部連合大会,2G07(秋田,2019年8月)
  12. 佐藤蓮,髙橋秋典,有川正俊:視線情報に基づく観光パンフレット閲覧状況の可視化システム,2019年度電気関係学会東北支部連合大会,2G08(秋田,2019年8月)
  13. Shinpei Ito, Akinori Takahashi, Masatoshi Arikawa, Ruochen Si, Inertial Odometer-Based Global High Precision Indoor Human Navigation, ICA Joint Workshop on Future Internet and Ubiquitous Cartography (FIUCarto2019) in Akita University on July 13, 2019
  14. Hoshito Tokita, Masatoshi Arikawa, Ruochen Si, Ren Sato, Ryodai Tayama, Akinori Takahashi, Proposal of Virtual Circular Geofences, ICA Joint Workshop on Future Internet and Ubiquitous Cartography (FIUCarto2019) in Akita University on July 13, 2019
  15. Akinori Takahashi, Shin Kawase, Masatoshi Arikawa, A Visualization System for Tourists’ Gaze Areas using Top and Front Images of Webcams, ICA Joint Workshop on Future Internet and Ubiquitous Cartography (FIUCarto2019) in Akita University on July 13, 2019
  16. Masatoshi Arikawa, Ryodai Tayama, Akinori Takahashi, A Walking Language for Mobile Audio Tours, ICA Joint Workshop on Future Internet and Ubiquitous Cartography (FIUCarto2019) in Akita University on July 13, 2019

 

科研費採択課題

  1. 視線情報を用いた観光資源に対する潜在的注目度調査システムの開発に関する研究,若手研究,研究代表者:髙橋秋典,研究期間(年度):2019-2021年度,配分額:4,160千円

 

2018年度

学術論文

  1. A. Takahashi,R. Igarashi,K. Sasai, H. Ueda,Y. Iwaya, T. Kinoshita and M. Hashimoto: Characterization of the Imaged R/S Pox Diagram for Low-rate DoS Attack, International Journal of the Society of Materials Engineering for Resources, Vol. 23, No. 2, pp. 152-157 ( Sep. 2018 )

学会発表

  1. 髙橋秋典:視線情報を用いた潜在的注目度調査システムに関する研究,第25回先進的情報通信工学研究会,10(仙台,2019年3月)
  2. 鴇田星斗,有川正俊,司若辰,田山稜大,髙橋秋典:バーチャル・ジオフェンスの実装・実験とログ分析による改善,第81回情報処理学会全国大会,4W-04(福岡,2019年3月)全国大会学生奨励賞受賞
  3. 田山稜大,有川正俊,鴇田星斗,司若辰,髙橋秋典:GPS連動オーディオツアーを対象としたウォーキング言語のデザインと実装,第81回情報処理学会全国大会,5X-05(福岡,2019年3月)全国大会学生奨励賞受賞
  4. 佐藤蓮,髙橋秋典,有川正俊:視視線情報に基づく観光パンフレット注目領域抽出システムの試作,第81回情報処理学会全国大会,5ZJ-01(福岡,2019年3月)
  5. 伊東慎平,有川正俊,髙橋秋典,田山稜大:異種空間センサ統合によるカメラに基づく屋内ナビゲーションの試み,第81回情報処理学会全国大会,7ZG-08(福岡,2019年3月)全国大会学生奨励賞受賞
  6. 有川正俊,司若辰,鴇田星斗,田山稜大,髙橋秋典:点型ジオフェンスの定式化と実装による検討,平成30年度電気関係学会東北支部連合大会,1I02(盛岡,2018年9月)
  7. 有川正俊,田山稜大,鴇田星斗,司若辰,髙橋秋典:GPS連動オーディオツアーのサービス操作のためのウォーキング言語,平成30年度電気関係学会東北支部連合大会,1I03(盛岡,2018年9月)
  8. 髙橋秋典,有川正俊,伊東慎平,佐藤蓮,司若辰:光学空間センサーを用いた高精度位置情報サービスの試み,平成30年度電気関係学会東北支部連合大会,1I04(盛岡,2018年9月)
  9. 髙橋秋典,佐藤蓮,有川正俊:視線によるグラフィックスデザイン投票システムの試み,平成30年度電気関係学会東北支部連合大会,1I12(盛岡,2018年9月)